家の売却時には仲介手数料(媒介手数料)は必須

家の売却にかかる費用って?家を売る際にかかる費用の内容を紹介!

家の売却時には買い手への売却金額がそのまま自分に残ることはなく、様々な費用によって減ります。
ただ、中には家を売却する際に費用が発生しなかったり少ない金額だけで済むこともありますので全ての物件にある訳ではありません。

 

ただ、その中でも金額が大きいのは不動産会社に支払う仲介手数料で概ね家を売却した3%以上を支払うことになります。
つまり3,000万円家を売却したとしても100万円以上支払うことになります。

 

中には不当に仲介手数料を請求してくる悪徳な不動産会社も存在するため自分自身にとっては十分警戒したいところです。その為にもまずは仲介手数料のことをきちんと理解していないと正当か不当か判断が出来ません。

 

それから家の売却時に掛かる費用について紹介したいと思います。

 

仲介手数料とは?

家の売却にかかる費用って?家を売る際にかかる費用の内容を紹介!

不動産会社に仲介を依頼することで買い手との契約を立ち合いをしてくれます。
家を買い取ってもらえる方が少ないですし一般的に物件を紹介するのは困難です。
不動産会社に頼らずに個人で売買しようとしてもトラブルが多いことから家の売却をする際は不動産会社に仲介を依頼するのが普通になっています。
不動産会社に仲介を依頼することで自分が売ろうをとしている物件を紹介したり、広告の掲載で購入したい人を募集したり
家を売るために様々な活動をしてくれます。

家を購入したい方が見つかって売買契約が成立した時に報酬として不動産会社に支払う費用こそが仲介手数料になります。

 

仲介手数料が発生するタイミング

仲介手数料は売買契約の成立によって請求権が発生する性質です。
例え購入希望者が見つかって自分自身と引き合わただけでは仲介手数料を払うことはありませんので購入希望者を見つけるために行った営業活動についての広告費用などを支払う義務もありません。

 

売買契約を成立するまでが仲介手数料なのでそれまでに自分が不動産会社に支払う費用はないと覚えておきましょう。
しかし、通常の営業範囲を超えての特別な依頼をする際は全て売主側である自分が払わなくてはいけないので注意しましょう。

 

仲介手数料には上限がある

仲介手数料は仲介する不動産会社などが決めることが出来ますが上限が決められていて『取引価格×3%+6万円+消費税』の金額とされています。
この式で出される金額はあくまで上限でこの金額以下であればいくらでも大丈夫になります。
しかし、不動産会社によりますが手数料が上限一杯のところが多いです。
また、仲介手数料にかかる消費税はその上限を超えていてもOKということになっています。

 

〜覚えておこう〜
仲介手数料=取引価格×3%+6万円+消費税

また最近では消費税の増税が予定されているため消費税が高くなる可能性があります。
家を売却する際は消費税が高くなる前に売ることをオススメします。

 

仲介手数料の値引きは可能なのか?

ほとんどの不動産会社は仲介手数料として上限額を請求してきます。
これらは法的な範囲で請求する限りにおいては正当な請求なので拒めません。
なので少しでも金額を抑えるために値引き交渉は出来ないものかと考える方もいます。

 

しかし、仲介手数料は不動産会社にとっては唯一の収入なので値引きはもちろん仲介手数料がタダになる事はありません
ただ仲介手数料は買い手側も支払うため、不動産会社側が自分と買い手の両方から仲介手数料を取る場合は値引き交渉の可能性が生まれます。

 

最近では不動産会社も顧客を集めるために無料や半額にするケースも多くあります。
唯一の仲介手数料しかない不動産会社ですので無条件で無料や半額にはなりませんが次の3パターンに分かれます。

 

買い手を不動産会社に仲介を依頼⇒自分か買い手のどちらかが仲介手数料が無料
買い手を不動産会社に仲介を依頼⇒自分と買い手の双方が仲介手数料を半分ずつ支払うことで半額
買い手を他の不動産会社に仲介を依頼⇒自分の仲介手数料が半額

 

この方法で仲介を依頼すると不動産会社も収入が半減してしまうので都市圏のように流通量が多い地域で行われています。
また、コストのかかる紙媒体での広告はせずにインターネットでの営業でしか行っていません。

 

仲介手数料を支払うタイミング

売買契約の成立によっていつでも不動産会社は仲介手数料の全額請求は可能です。
しかし実際には売買契約が成立した時決算時に分割して支払うケースが多いです。
これは売却金額の受け取りが売買契約の時ではなく後日設定された日に支払うことや売買契約が成立しても解除になるケースが多いからです。
自分的に望ましいのは契約通りに売却金額を全額受け取って支払い方法【一括・分割】と支払う日にちを選んでから予め不動産会社に確認しておくと安心でしょう。

 

その他に家の売却にかかる費用とは?

家の売却にかかる費用って?家を売る際にかかる費用の内容を紹介!

印紙代

不動産売買には契約書の作成や広告の作成に紙が必要になります。
一見たいした金額にはならないだろうとは思いますが家の高額売買になればなるほど印紙代はかかります。
一定額以上の取引をする場合にその額に応じた金額の印紙を購入し契約書などに貼付することで納税することになります。

 

抵当抹消登記費用

登録免許税+司法書士による書類手続きの費用です。
金融機関と住宅ローンを組み際に「担保設定の契約」を交わしたと思います。
その際に金融機関は対象となる自分家に抵当権を設定します。
この抵当権はローンが返済できなかった場合の権利を主張するので返済が滞ったときに自分の家を競売にかけることで融資した金額を回収できる権利を指します。
抵当権は家を売却する際に抹消する必要があります。
抵当権の抹消には司法書士に依頼する必要があるため、司法書士に報酬も準備する必要があります。

 

この費用以外にも所有権移転に伴う住所変更登記も自分の負担になります。
これらの登記に伴う費用が登記費用です。
この費用も売却する際に準備しておきましょう。

 

譲渡税

売却時に利益が出た場合に税金を支払わなくてはならないこともあります。
利益が出ても特別控除などで税金を支払わなくてもいいケースもありますがすべて売却後の確定申告で決定します。

 

住宅ローンの残債

住宅ローンを返済している最中の家を売却するにはローン残債を全額支払わなくてはいけません。
また、残債金額を繰り上げ返済するには事務手数料が発生し、金額は各金融機関や手続き方法などが変わります。

 

測量費用

測量が必要な場合に費用がかかります。
費用は10万円ほどです。

 

解体費用

土地を更地にして売却する場合にかかる費用です。
費用は家の大きさ・種類と依頼をする業者によって変わります。

 

整地費用

土地を整えてから売却する場合には整地費用が必要です。
費用は業者によって異なることがあります。
また、解体に整地がつく場合も中にはあります。

 

不用品の処分費用

家具などいらない不用品を処分する際にかかる費用です。
これらの費用は量と内容によって変わります。

 

引越し委用

引っ越しをする上で必要な費用です
業者や荷物の量によって費用が変わります。

 

リフォーム費用

売却する際にリフォームが必要な場合にかかる費用です。

 

ハウスクリーニング費用

売却の際にハウスクリーニングが必要な場合にかかる費用です。

 

まとめ

・家を売却する際に一番かかるのが仲介手数料
・家の売却の仲介手数料は『取引価格×3%+6万円+消費税』
・仲介手数料を安く抑えることは難しい
・費用を抑えたいなら仲介手数料以外の費用を抑えることがポイント!

 

家の売却を行う際は手数料や費用を抑えることで手取り額を増やすことは難しいでしょう。
手取り額をなるべく多く増やすには費用を抑えることも大切ですが『不動産を高く売る』ことも大切です。
損をしない為にも自分の家を高く売却することで利益を増やしていきましょう!